コネタ by auニュース

貴女のベストは…?カラーで身につく“美人力”と“おブス力”

パーソナルベストカラーを身に着けましょう

前回のお話した内容で、パーソナルカラー診断のメリットをお分かり頂けたと思います。

今回はそれに引き続いて、自分に合ったニュアンスの色(パーソナルベストカラー)を身につけるとどんな良いことがあるのか、反対に、自分に合わないニュアンスの色を身につけるとどんな残念なことが起こるのか、そちらについてお伝えしたいと思います。

パーソナルカラーの見つけ方

VIVID、PASTEL、DEEP、BRIGHTの4タイプのいずれに当てはまるか、診断をする際、4タイプに分かれたテストドレープを使います。

胸元に当てた時、最もお顔映りの良いドレープのタイプが、そのかたのパーソナルカラータイプというわけです。

VIVID、PASTEL、DEEP、BRIGHTと、順番に胸元に当てて行くと、不思議なことにお顔映りが良くなったり、悪くなったり…と驚くほど変化します。

では、お顔映りが良い・悪いとは具体的にどういうことを指すのでしょうか。

信じられないかもしれませんが、似合うタイプのテストドレープを胸元に置いただけで、顔色や表情が明るくなり、顔立ちまでも美人度がアップ↑↑ 若々しく元気に見えます♪

けれども、似合わないタイプのテストドレープを置くと、別人と思えるほどに、老けて見えたり、疲れて見えたり、いわゆるおブスポイントが加算されてしまうのです(涙)。

カラーで身につく“美人力”と“おブス力”

わかりやすいように“美人力”、“おブス力”とネーミングをつけましたが、要はどちらのパワーも上げるのは簡単!似合うカラータイプを理解して、積極的に身につけているかどうかにかかっていると言えるでしょう。

今まで「赤は好きだから。」と、どんな赤でもこだわりなくファッションに取り入れていた皆さま。

同じ“赤”といっても、燃えるような深紅の赤、ワインのようなボルドー系の赤、はたまた秋の紅葉を思わせる深みのあるブラウンレッド・・・そのニュアンスは様々です。貴女を一番キレイに見せてくれる赤は、果たしてどんな赤なのでしょう。

「ピンクは苦手!」と初めからメイクに取り入れることを諦めていた皆さま。

ピンクは可愛い姫カラー、というだけではありません。大人セクシーを思わせるショッキングピンク、紫がかった上品なラベンダーピンク、海の宝石サンゴから生まれたようなコーラルピンクなどなど、ニュアンスの異なるピンクはたくさんあります。

「これなら試してみても良いかな。」と思える素敵なMyピンクがきっと見つかるはずですよ。

パーソナルカラー診断は、ご自分の綺麗の味方になってくれるカラータイプを特定します。ベストカラータイプが決まれば、どなたも、メイクやファッションなどおしゃれの幅が広がります。

美人力をアップして、おブス力をゼロにするため、まず必要なのは、ご自分のパーソナルカラーを知ること!―――その事に気付いて頂けましたでしょうか。

ピックアップ

記事検索


スマートフォンサイトはこちら

QRコード