コネタ by auニュース

【インフルエンザ】本当に気をつけるべきこととは?医師が教える“効果が期待できる&できない予防法”

国の情報では、季節型インフルエンザの流行がピークを迎えています。

インフルエンザといえば、命に関わるケースも出る病気。

巷では、予防法や治療法についての様々な情報が飛び交っていますが、必ずしも正しい情報ばかりとは限りません。

そこで、総合内科専門医で、インフルエンザについて正しい情報をわかりやすく解説してくださる大竹真一郎先生にお話をうかがいました。

おおたけ消化器内科クリニック
院長 大竹真一郎先生(総合内科専門医・消化器病専門医)

プロフィール
1968年兵庫県生まれ。
高校を中退した後に大学入学資格検定(現、高等学校卒業程度認定試験)に合格し、神戸大学医学部医学科を卒業。
愛仁会高槻病院でスーパーローテート研修(多科研修)を行い、その後は消化器専門医として、
けいゆう病院、辻仲病院柏の葉、平塚胃腸病院附属クリニックなどで通算1万例以上の内視鏡検査を実施し、研鑽に励む。
(おおたけ消化器内科クリニック ホームページより)

■風邪とインフルエンザは違う病気?

大竹真一郎先生(以下、大竹)「実は風邪というのは、病気の名前ではないんですね。正確には、「風邪症候群」といいます。

症候群というのは、さまざまな症状が起こる病気の総称なんです。「鼻水」「鼻づまり」「のどの痛み」「発熱」こういった症状が起こる状態で、医学的な治療を行わなくても、一週間以内に治ってしまうものを風邪症候群と呼んでいます。

大多数の原因はウイルスという、非常に小さな病原体ですが、風邪症候群を引き起こすウイルスは200種類ほどあるとされています。

また、お医者さんが処方したり、薬局で販売しているいずれのお薬も、風邪の症状を和らげることはできても、風邪症候群の原因自体を治すお薬はありません」

■風邪の症状はツライけど、体が頑張って風邪を治そうとしている状態

大竹「とはいえ、風邪の時に、熱が上がったりする状態はツライですよね。でもこれって、体ががんばって風邪の原因になるウイルスと戦っている状態なんです。

ウイルスと戦うのは、白血球という血液中の成分ですが、この成分は体温が高いほうがよく働いてくれますし、ウイルスは熱に弱いんです。そのため、早く治るために脳が命令して体温を上げているんです。

ですから、風邪の症状を抑えるお薬を使うことで、風邪が長引く可能性もあります。

風邪症候群と同じく、インフルエンザは、ウイルスによって起こる病気です。命に関わることもある病気として知られていますが、実は、インフルエンザウイルスに感染しても全く症状が出なかったり、2~3日の軽い症状で治ってしまうもケースも珍しくありません。

ただし、抵抗力が弱い高齢の方やお子さんは、重い状態になることがありえます。

インフルエンザは、風邪症候群と違って、治療するお薬があります。
そのため、風邪とインフルエンザは区別して、きちんと予防・治療をしようということなんですね。

もちろん、咳が長引いたりすると体力を消耗しますし、呼吸器の病気でもともと治療を受けておられる方などは、医師と相談してお薬を使うほうが好ましいといえます。

したがって、風邪気味だからといって、ご自分の判断で風邪薬を飲むのは、好ましいとはいえません。

また、風邪とよく似た症状が起こる病気はたくさんあります。
不調に気づいたら、早めに医師の診断を受けることが大事ですね」

■インフルエンザは症状が出ないことも

大竹「インフルエンザ治療薬では、有名なタミフルというお薬がありますが、このお薬が効かないインフルエンザウイルスが最近増えてきているんです。

また、インフルエンザによる症状なのかお薬のせいなのか、はっきりしていませんが、タミフル服用後に、トラブルが起きるのではないかという意見があります。

そのため、10代のお子さんにはタミフルを投与することは控えることで、多くの医師が合意しています。

代わりに、イナビルというお薬が使われるようになってきました。
このお薬は、一日2回吸入するだけでウイルスを抑えられるというメリットがあります。

インフルエンザ治療薬のメリットについて述べましたが、実は、若くて体力がある方なら、熱が下がるのが一日くらい早くなるだけという側面もあるんですね。

ただし、患者さんはインフルエンザウイルスを、せきやくしゃみとともに排出しています。
お薬を飲むことで、ご家族が感染するリスクを下げられるというメリットがあります。

そのため、医師の診断を受けて、メリット、デメリットを考え、インフルエンザ治療薬を利用することが大事です」

■インフルエンザにかかりやすい人は?

大竹「実は、生まれつきの遺伝的な体質で、インフルエンザに感染しやすい人は、ある程度決まるとされています。

これは、対処のしようがありませんが、一つだけ自分の努力でインフルエンザにかかりにくくする体質にする方法はあります。

それは禁煙です。統計的に見ても、喫煙される方は、インフルエンザにかかりやすいというデータが出ています。
タバコは、呼吸器にも負担を与え、様々な病気を併発しますので、禁煙するほうが好ましいといえます」

■インフルエンザ発症を疑う症状

大竹「インフルエンザの症状でもっとも特徴があるのは、発熱です。

これは、インフルエンザウイルスを体が追い出そうとするためですが、発熱しているのに悪寒がするケースが少なくありません。

インフルエンザにかかっているか確定するのに医師は、鼻の粘膜に付着している体液を採集して、インフルエンザウイルスの有無を調べます。

ただ、感染したごく初期は、一般的な検査方法では、インフルエンザウイルスを検出できないことがあります。
(最新の検査機器では可能)

そのため、医師は

「周囲にインフルエンザに感染している人がいる」
「のどの奥に小さなイクラのような赤い粒ができている(後咽頭濾胞)」
「悪寒などの症状」

がある場合は、検査を行わずにインフルエンザ治療薬を処方することもあります」

■子どもが熱を出した場合

大竹「お母様は、お子さんが急に発熱すると心配されると思います。特に夜間は、どのように対処するか悩まれると思います。

基本的には熱があってもお子さんがふだんと変わりなく、元気にしているようであれば、水分だけをしっかり与えて、朝まで様子を見て、かかりつけの小児科の先生に受診してもよいと思います。

ただし、「熱性けいれん」といって、高熱が続くとけいれんを起こす病気にかかりやすいことがわかっているお子さんは、かかりつけの小児科の先生の診察をすみやかに受けられない場合は、119番を利用して夜間の救急で適切な治療を受けたほうが好ましいといえます。

また、38度以上の発熱があって、

「ぐったりしている」
「食欲がない(母乳やミルクを飲まない)」
「普段と違って激しく夜泣きするまたはまったく泣かない」

などの状態に気づいたら、119番を利用してでも、早急に医師の診察を受けるべきだと思います」

■効果が期待できる・できないインフルエンザの予防法

■季節型インフルエンザ流行中のワクチン接種

大竹「インフルエンザワクチンを接種しても、効果が出るのは、おおむね2週間くらいだと言われています。

先ほどお話ししたように、インフルエンザは、体力がある人なら感染しても症状すら出ないか、軽く済んでしまうこともあります。

そのため、「インフルエンザが流行しはじめてからワクチンを接種するのは意味がないのでは?」と思われる方がいらっしゃるかもしれません。

とはいえ、ウイルスが体の中にいるのは間違いないので、ご家族が感染してしまう可能性があります。

特に小さなお子さんや高齢の方がいらっしゃる場合は、リスクが高くなりますので、ワクチン接種を検討するのは悪いことではないと思います」

■インフルエンザワクチン接種は車のシートベルトのようなもの

大竹「また、季節型インフルエンザウイルス流行前のワクチン接種は、個人的にはすべきものと考えています。

ワクチンを接種についてはいろんな意見がありますし、たしかに100パーセントの効果を保証するわけではありません。ですがリスクを軽減することや、周囲の方への感染を防ぐ意味では大きな意味があります。

たとえていうなら、車を運転する際にシートベルトをするようなものです。

シートベルトは、交通事故自体を防ぐことはできませんが、もし事故にあった時、ご本人はもちろん同じ車に乗っているご家族の被害を少なくすることができます。それと同じです。

ワクチンは感染を予防できませんが、症状を軽くしたり、ご家族全員、特に体力に問題があるお子さんや高齢の方にうつしてしまう危険性を減らすことができますので、ワクチン接種を受けておくほうが好ましいといえます」

■外出時のマスク着用

大竹「実は、マスクをすることで、インフルエンザを予防する効果は、さほど期待できません。
インフルエンザウイルスは非常に小さく、マスクの繊維の目を容易にくぐり抜けるためです。

強いていうなら、マスクをすることで、インフルエンザに感染した方のくしゃみに含まれるウイルスを吸い込むことを防げるといったことでしょうか。

ただし、目からもインフルエンザウイルスは感染します。
そのことを考えると、マスクだけでインフルエンザを予防できるとはいえないことになります。

ただし、インフルエンザに感染している方が、周囲の人にうつさないために、マスクをすることは有効です。
くしゃみや咳によって、唾液や鼻水に含まれたウイルスはブロックできるからです」

■帰宅時の入念なうがい・手洗い

大竹「実は、うがいについては、効果が期待できないとされています。
ただし、手洗いについては、予防効果が高いといわれています。

加えていうなら、手を洗って清潔にする前に、顔に触れないようにすることです。

インフルエンザに感染した方が、くしゃみや咳でまき散らしたウイルスが手に着き、鼻や目、口などを無意識のうちに触れることによって感染してしまいます。(接触感染)

特にお子さんは、鼻をさわることが多いので、さらにリスクが高くなります。

したがって、普段から顔をむやみに触れないこと。帰宅時は入念に手洗いをすることが大事です」

■エアコンなどで室温を上げる・加湿する

大竹「インフルエンザウイルスは、気温が寒ければ寒いほど感染しやすいと考えられていますが、これは様々な研究によって否定されています。

もし、寒ければ寒いほどインフルエンザウイルスが活発に活動するなら、東北や北海道の患者さんは、目に見えて多くなるはずですが、そのような話はありません。また、年中通して気温が高い沖縄県でも、真夏にインフルエンザが流行することがあります。

このことから、気温と湿度を高くすることで、インフルエンザを防げるというのは正しいとは言いがたいと思います」

■睡眠をきちんととり、ストレスや疲労を溜めこまない

大竹「これは、効果が期待できるといわれています。睡眠不足は様々な弊害を起こしますが、インフルエンザについても感染のリスクを高めるといわれています」

■運動しない人はインフルエンザにかかりやすくなる

大竹「これは事実です。やはり、多少運動している人は、風邪をひきにくいことがわかっています。

ただし、ハードに運動するアスリートは、むしろ風邪を引きやすくなることがわかっています。

特に2時間以上栄養を取らずに運動している方や、1週間に30キロ以上走る方は2倍以上風邪を引きやすくなるといわれています」

■「免疫力を高める方法」は「女子力を高める方法」のようにあいまいなもの

大竹「また、免疫力を高めることでインフルエンザを予防しようという方法を耳にしますが、はっきり言って、科学的根拠がないものが大多数です。

そもそも、免疫力は女子力と同じで数値化できないんですね。
女子力が高いというのは、なんとなくわかるけど、AさんとBさんの女子力に点数をつけることはできないでしょう?それと同じなんですね。

そもそも、免疫力が上がりすぎると、アレルギーのような状態を引き起こします。

また、一般的に免疫力があがったというのは、免疫機能を司っている一部のデータが上がったというだけで、免疫力全体が上がったかどうかはわからないんです。

だから、免疫力をうたう健康法があったら、疑問視したほうがいいですね」

■食生活を意識し、栄養バランスに気を付ける

大竹「これは正しいといえます。ただし、この食品さえ食べれば、風邪やインフルエンザの予防や治療ができるという方法はありません」

■ビタミンCが風邪に良い?

大竹「ビタミンCが風邪に良いという話がありますが、運動する方がとれば多少は効果があるものの、ふつうに生活している方は、ほとんど効果がないといわれています」

■一部のヨーグルトは、インフルエンザの予防効果が研究で確認されている

大竹「一部のヨーグルトは、風邪だけでなくインフルエンザの予防効果があるという研究結果が報告されています。

ただし、3ヶ月から半年程度食べ続けて予防効果が得られるのではないかといわれていますので、かなり気長な話ですね」

■研究段階だが「マイタケ」に寄せられている期待

大竹「ヨーグルトは、予防面について期待できるとされている食材ですが、インフルエンザにかかった時に治療効果を高める期待が寄せられている食材もあります。マイタケがその一つです。

富山大学と雪国まいたけの共同データによると、マウスを使った実験では、マイタケα-グルカンという成分が、インフルエンザ治療薬タミフルに抵抗するインフルエンザウイルスを抑える効果が確認されています。

マウスで効果が出たから、人間に効果があるとは限らないのではないかという意見もあります。
確かにそうですが、比較対象実験を行って、効果が確認されているのは事実です。

また、マイタケは食物繊維も多く、特に多くの女性の方が悩むお通じの問題にも良い影響を与えるのは間違いありません。

お通じが改善されるなら、腸内環境を整え、体の抵抗力を改善してくれる可能性は大いにありえます。
なによりアレルギーがない方なら健康被害が出ることがありません。

マイタケは、年間を通じて入手しやすい上に、食べやすい味の食材です。

したがって、毎日の食生活に、マイタケを取り入れてみるのは悪いことではないと思います」

ピックアップ

記事検索


スマートフォンサイトはこちら

QRコード