コネタ by auニュース

簡単すっきり収納! キッチンを上手に片づける方法

家の中で収納で最も悩む場所なのが「キッチン」。モノが多くて、どれを捨てればいいのかわからない……。そんなキッチンの簡単にできる収納術をご紹介!
収納の悩みで常にトップに挙げられる場所がキッチン。モノも多く、出し入れの回数も多いので、なかなか思い通りに収納できない場所の代表です。

そのキッチンには、予想外に要らないモノが溜まっています。そんな要らないモノまでしまっておくのが、収納力ダウンの原因です。まずは、いつかやらなきゃと思いながら手をつけていなかった不用品の処分からはじめましょう。

そして、

・モノを出す、使う、しまうが料理の手順にそって流れるようにできる
・使い勝手が良くて、キッチンに居ることが楽しくなる

を目指して、簡単にできる方法をご紹介します。

片づけ方は2通り

いつも使うからこそ、キッチンは身軽な状態にしておきたい場所。そんなキッチンをうまく片付ける方法は次の2つです。

・場所別に減らす
・モノ別に減らす

「これなら自分にとってやりやすい」と思える方法を選んでください。どちらも目的は一つ、「モノを減らす」ことです。

場所別に減らす

まずはじめに、キッチンのモノを場所別に減らしていく方法についてお話しします。時間のあるときに少しずつ片付けていきたい人は、場所別に進めていくとよいでしょう。

キッチンの下のキャビネット、引き出し、吊り戸棚、ワゴンやラック、食器棚など収納スペースごとに片付けます。スペースに占めるモノの量を半分に減らすことを目標に、思いきって処分。目に見えてスペースに空きができていくので、やり甲斐がありますよ。

それでも作業にとりかかってみると、モノを処分するなんて勿体ないと思うもの。そんな思いがよぎったら、モノにスペースをとられることが勿体ないと考えましょう。スペースにゆとりが生まれたら、収納や使い勝手の問題を解決しやすくなるのですから。

●1.片付ける場所と処分の基準
順番にこだわらなくても大丈夫。引き出しや吊り戸棚など、手をつけやすい所から少しずつ処分していきます。キッチンに備え付けの戸棚、置き家具、ワゴン、ラックなど中身を調べましょう。ポイントは必要なモノだけを残すことですが、場所別にどんなモノが要らないのか? 次の基準を目安に取捨選択してください。

(1)キッチンのワークトップ 
流し廻り、レンジ廻り、調理台廻りに置いてあるモノのなかから不用品を見つけて処分。

例)
・古いタワシ、使っていないスパイス、使いかけのふりかけや調味料、なくても困らない洗い桶・三角コーナーなど

 (2)引き出しの中 
キッチンに備え付けの引き出しのなかを1段ごとに中身を点検。細かいモノが多いので、丁寧に整理しながら不用品を処分。

例)
・片方になった菜箸、使っていない卵切り、いくつもある缶切り・栓抜き、プラスチックのスプーンなど

(3)シンク下とレンジ下、レンジ脇のキャビネット 
ここは不用品が多くしまわれている所。奥の方まで取り出して、思いきって処分。

例)
・樹脂のはがれたフライパン、使いにくい鍋、お菓子の型、切れ味の悪い包丁、場所をとる米びつなど

(4)吊り戸棚
上の段から順番に、必ず使うモノだけに絞って、あとのモノは処分。

例)
・増えてしまった水筒・弁当箱、大きなサイズの密閉容器など

(5)収納ラックやワゴンなどを使っている場合
どうしても必要なモノ以外は処分。

例)
・レジ袋、期限切れの保存食品、ホットプレート、ジューサー、保温プレートなど

(6)食器棚
棚や引き出しのなかで、使っていない、捨てられずに残っていたモノを処分。

例)
・欠けてしまった食器、いつか使おうと持っていたお重や客用食器など

(7)冷蔵庫の上、食器棚の上
置いたままになっていたモノ、なくても困らないモノは処分。

例)
・箱ごと残していた引き出物、使わないお盆など

どのくらい処分したら成功なの?

スペースに余裕が生まれましたか? 大幅に減った所、そうでない所、場所によってまちまちでも、見た目に半分近くになっていれば大成功。そこまで減量できていなくても、自分なりに処分のルールが見えてくれば、それでOKです。調理道具を例にとれば、揃えておきたい種類と数は次のとおり。料理の好みや家族数にあわせて、適量だけ持つようにしましょう。

●調理道具の種類と数の目安
鍋 大中小、深鍋 1
フライ返し 1
フライパン 1~2
木べら 1
中華鍋 1
しゃもじ 1
玉じゃくし 2
ボウル 大中小
ザル 大中小
おろし金 1
バット 1~3
スライサー 1
計量カップ・スプーン 各1
ピーラー 1
包丁 1~2
調理はさみ 1
まな板 1~2
缶切り 1
菜箸 2
トング 1

モノ別に減らす

場所別の方法に続いて、もうひとつ、モノ別にキッチンを片付けていく方法をお話しします。

キッチンにあるモノを食品、調理器具、食器、雑貨・小物、密閉容器の5つの分類に大別して、それにそって片付けるという方法です。

この方法は、モノを広げて取捨選択するスペースが必要です。さらに、いったん手をつけたら最後までやり終えないとキッチンが混乱しますので、作業がその日に完結するよう計画を立てて実行するようにしましょう。 

●1.モノを分ける
キッチンには色々なモノがありますので、何をどのくらい持っているかわからないまま料理をしているはず。使いにくい、モノが多い、収納が足りないといったような漠然とした不満やストレスを抱えていては、解決の糸口がつかめません。その糸口をつかむきっかけが、モノを分けるという作業です。ちょっと面倒な気持ちになると思いますが、モノを分けて種類と量を知るという作業を避けて通ることはできません。

ただし分けるといっても、以下のように大きく5分類なら負担にはならないでしょう。

(1)食品
乾物、缶詰、レトルト、調味料など

(2)調理器具
鍋、フライパン、ボウル、ザル、包丁、フライ返し、玉じゃくし、計量カップ、菜箸など

(3)食器
皿、鉢、椀、箸、スプーン、フォークなど

(4)雑貨・小物
ごみ袋、ラップ、チャック袋、ペーパータオル、コースター、水筒、紙皿、ストロー、クッキー型など

(5)密閉容器 

●2.処分の順番はまず食品から
食品を片付ける時は食品だけ、調理器具の時は調理器具だけといったように、分類を越えてあれもこれもやらなければ一人でも作業できます。

順番としては、処分の目安がハッキリとしている食品から始めるのがコツです。雑貨や食器のように、値段が高かったからとか、愛着やこだわりがあって迷いそうなものは最後の方にまわすと良いでしょう。

【片付けの順番と処分の基準】

(1)食品
賞味期限が切れているものは迷わずに処分。使いかけてそのまま時間がたってしまって、使う見込みのない食品は処分。

(2)調理器具
古い、使わない器具から片付ける。鍋、フライパン、ボウル、包丁などで古くなってしまったもの、使いにくいもの、ほとんど使った記憶のないものは処分。他のもので代用できるので持っていないくても問題のないものは処分。

(3)密閉容器 
見た目に不用なものから片付ける。古くなった、変色変形した、ふたがない密閉容器は整理用の入れ物に転用するするか処分。形が揃っている、よく使っているもの以外は処分。

(4)雑貨・小物
これは使わないとはっきりしているものから片付ける。飽きてしまったものは処分。なくても困らないものは処分。

(5)食器
思い出や愛着、こだわりがあって処分しにくい食器も最終的にはスペースにあわせて減らす。最近使ったことがない、飽きてしまった食器は処分。 景品、頂き物、引き出物などで箱に入れたままの食器は処分。 来客用、正月用など使うときが限定されていて、他のもので代用できる食器は処分。

減量のあとに

モノを処分するということは、手間も労力もかかることですね。処分のついでに収納も見直したいところですが、そこまで一気にやり遂げるのは大変。どこに何をどのように置くか、しまうか、それは後で落ち着いて考えることにしましょう。とりあえず、 いったん元の位置に戻しておく程度にとどめます。

処分品のなかでも未使用品や高価なモノは、リサイクルショップやフリーマーケットを活用するといいでしょう。

(文:すはら ひろこ)

ピックアップ

記事検索


スマートフォンサイトはこちら

QRコード