コネタ by auニュース

え、それが正解? 大学生が読み間違っていた言葉6選「暫くと漸く」



大人になってから熟語や用語の読み間違いをしてしまうと恥ずかしいもの。でも、自分の中でなにか勘違いをして決めつけてしまっているとなかなか間違いに気付かず、人から「間違っているよ」と指摘されるまでわからなかったりしますよね。今回は、現役大学生のみなさんに、そんな「ずっと勘違いして読み間違っていた言葉」を聞いてみました。



■「凡例(はんれい)」

・ぼんれいと思っていた(男性/22歳/大学3年生)
・中国人の先生がぼんれいと言っていたので本当にそうだと思って聞いていた(女性/19歳/大学1年生)

「平凡」や「凡人」の音に引きずられて「ぼんれい」と読んでしまうことがあるようです。大学生だとわざわざ口に出して「はんれい」と言う場面もあまりないため、間違って覚えてしまう人もいるのでしょう。

■「添付(てんぷ)」

・そうふだと思っていて、友人に指摘されるまで気がつかなかった(女性/23歳/大学4年生)
・そうふだと思っていたが、読み上げたときに母に言われて気づいた(女性/19歳/大学1年生)

メールを送るときによく使う「添付」という言葉。メールの「送付」とフォルダの「添付」がまざって「そうふ」と読んでしまうようですね。

■「月極(つきぎめ)」

・げっきょくだと思っていた(女性/22歳/大学4年生)
・意味がわからなかった(女性/22歳/大学4年生)

街で見かける月極駐車場。子供のころに、なんと読むのかと疑問に思ったことがあるのではないでしょうか。読みやすい音読みでは「げっきょく」ですが、正解は「つきぎめ」と訓読みです。

■「雰囲気(ふんいき)」

・ふいんきだと思っていたがふんいきだった。テストで間違えて気づいた(女性/18歳/大学1年生)
・スマートフォンの変換のときに気づいた(男性/20歳/短大・専門学校生)

それこそ雰囲気で読んでしまいがちなのが「ふいんき」。話しているときには間違いに気づきませんが、文字にしようとすると途端にあやふやになってしまうかもしれませんね。

■「漸く(ようやく)」

・しばらくだと思っていた(女性/21歳/大学4年生)

ひらがなで記すことも多いので、意識的に読まなければ間違って覚えてしまう「漸く」。日本語には「○く」という表現が多いので、他の読み方で頭の中に定着してしまうと、「どれだったっけ?」と覚え直すのも大変かもしれません。

■「暫く(しばらく)」

・ようやくだと思った(男性/23歳/大学4年生)

「漸く」に似ていて間違えられやすいのが「暫く」のようです。こちらもひらがなで記すことが多く、「○く」に当てはまるので、意識して覚えるようにしたほうがいいかもしれません。

人と会話するときに恥ずかしい読み間違いもあれば、会話しても気付かれない読み間違いもあります。自分で気づけた場合にはラッキーと思って、人知れず静かに覚え直しておくといいですね。たまにはスマートフォンの予測変換に頼らずに、自力で変換してみるのもいいかもしれません。

文・ファナティック

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2017年1月20日~2017年1月22日
調査人数:大学生男女401人(男性202人、女性199人)

ピックアップ

記事検索


スマートフォンサイトはこちら

QRコード