コネタ by auニュース

ウマいとわかっていたのに山口県の海鮮丼は想像以上に極上だった / 下関市『おかもと鮮魚店』

ウマいとわかっていたのに山口県の海鮮丼は想像以上に極上だった / 下関市『おかもと鮮魚店』

日本海と瀬戸内海に面しており、豊かな自然に囲まれている山口県下関市。フグをはじめとする海の幸が有名なのは誰もが知るところだけに、そこで食べる海鮮丼は外す方が難しいと言ってもいいだろう。そう、土地が最高ならウマいことは最初からわかりきっていることである。

しかし、決まって存在するのが「ウマいとわかっている中で本当にウマいものを安く提供してくれる店」だ。ということで、下関で人気だという『おかもと鮮魚店』に行ってみたところ、これが想像以上に極上だった。

・下関駅からすぐ
『おかもと鮮魚店』は、下関駅から歩いて行けるほどの距離にある。下関といえば唐戸市場が全国的に知られているが、お店の近くはいたって普通の商店街といった感じ。むしろどちらかというと、外観は街の中にある老舗の魚屋さんといったところだ。

だが、かえってこういう外観の方がウマいところが多いものである。さっそく店内に入り、噂の海鮮丼を注文。まず1080円(税込)という値段の安さに驚いたが、それはまだ序章に過ぎなかった。というのも……

・想像以上に極上
出てきた海鮮丼がビューティフルな上に、これでもかと海の幸がてんこ盛り! あまりの豪華さにただただ驚がく。しかも、食べなくても「これは絶対にウマい」と直感が働くくらいの見栄えときた。普通に考えたら1500円……いや、2000円以上払っても何ら不思議ではない!

メニューには「刺身の盛り合わせのような丼です」とサラリと説明が書いてあるだけだったが、ちょっとやそっとの盛り合わせではないのは確か。店員さんに何種類の盛り合わせなのか聞いたところ「わからないなぁ(笑)」というほど、そのモリモリ具合は尋常ではなかった。

・味も申し分なし
そして気になるお味だが、当然ながらウマい。どの刺身も申し分なく「どうだ、ウマいだろ」なんて主張してくるような感じで舌と脳を溶かしてくる。一口食べてうなっては、またうなる。鮮度も素晴らしい極上の海鮮丼が身近なところにあるなんて……羨ましすぎて、もはや下関の人に嫉妬するレベルのウマさであった。

・夜も絶対ウマいはず
大満足で店を出たのだが、気になって仕方なかったのが「ボトルキープの多さ」。質の高い魚で飲むお酒は至高だけに、夜になると地元の人たちが集うのだろう。ましてや山口県には日本酒「獺祭」がある……となれば夜も最高なのは間違いない。昼もよければ夜もよし。お酒好きなら、ぜひ夜に行ってみるのをオススメしたい店でもある。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ
店名 おかもと鮮魚店
住所 山口県下関市竹崎町2-7-4
時間 11:00~23:00
休日 月曜

Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.

ピックアップ

記事検索


スマートフォンサイトはこちら

QRコード