コネタ by auニュース

待ち遠しい桜も「花より団子?」お花見で食べたい料理ランキング

雑学・コネタ しらべぇ
春の到来もすぐそこ。もう少しで桜の開花の時期を迎える。春の風物詩のなかでも桜は、日本人の心の風景として深く刻まれている存在だ。
ステキなロケーションで桜並木を散歩するなど、花を愛でるのはもちろんだが、昼間にお弁当やお酒を持ち寄るなど、ご馳走も花見に欠かせない楽しみの一つ。
しらべぇ編集部では、全国20~60代のお花見に行きたいと思っている男女687名を対象に、お花見で食べたいものについて調査を実施した。
(kf4851/iStock/Thinkstock)
(kf4851/iStock/Thinkstock)
 
■お花見で食べたいものランキング 1位は「からあげ」 代表的な16品目から複数回答で選んでもらったところ、人気ナンバーワンは「からあげ」(48.6%)。
半数近くが支持し、50代以下の各年代で1位。お弁当にもお酒のおつまみにもなるメニューに票が集まった。
sirabee20170320hanamitabemono1

 
■みんなで持ち寄って食べたい「おにぎり」「いなり」「寿司」 2位は「おにぎり」(41.2%)。花見を楽しみにしている人は、外でのピクニックタイプを想定している割合が高いのだろう。
また、3位の「いなり」(37.3%)や4位の「寿司」(35.1%)など、ご飯系のメニューが続けてランクインし、同じ主食系の「サンドイッチ」(28.5%)も6位と上位に。
一方で、「手作り弁当」は10位(22.3%)。しっかり1セット作るよりも、手軽に食べやすく、みんなで持ち寄って、大人数でも分けられるものが人気なようだ。
 
■「焼き鳥」や屋台フード「たこ焼き」「焼きそば」も 「焼き鳥」は5位(34.1%)。箸をつかわないで食べられる便利さも票が集まった要因だろう。
また、屋台で売っている「たこ焼き」や「焼きそば」も楽しみにしている人が多い。
 
気象庁によると、東京の2011年~2016年の平均開花日は3月26日、満開日は4月3日。四国や九州では、東京より早い地点もいくつかある。
そろそろメンバーの都合を確認しながら、お花見の日程を決めておく必要がありそうだ。
・合わせて読みたい→花見の後の惨状 代々木公園の「ゴミ放置」がヒドい
(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋 参考/気象庁
【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年2月24日~2017年2月27日
対象:全国20代~60代の「お花見に行きたい」と回答した男女687名(有効回答数)

ピックアップ

記事検索


スマートフォンサイトはこちら

QRコード