コネタ by auニュース

“ドラえもん知識王”サバンナ高橋が相方と憧れの映画ドラえもん最新作追加ゲスト声優出演決定!

エンタメ・芸能 T-SITE
  藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2017

(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2017

映画第1作目が公開された1980年から37作目を迎える『映画ドラえもん』シリーズ。
2016年3月に公開された『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』は興行収入41.2億円を記録。36作目にして、新シリーズ初の40億円という節目を突破し、その人気はますます加速している。

37作目として新たなステージへと進む作品、『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』が2017年3月4日に公開となる。南極を舞台に、氷の下の古代都市、さらには、スノーボールアース理論など、原作者の藤子・F・不二雄の得意とするS(すこし)・F(ふしぎ)が満載の大冒険。先日解禁された今作にふさわしい応援隊、南極カチコチ隊。フィギュアスケーターの織田信成&浅田舞が就任し、一度聴いたら頭から離れないオリジナルソングに合わせ“パオパオダンス”というオリジナルダンスで今作を盛り上げている。

本作にて新たに出演する声優陣が発表された。“ドラえもん知識王”の栄冠を手にする、無類のドラえもん好きで名高いお笑い芸人・サバンナ高橋茂雄、そして相方である八木真澄が「映画ドラえもん」の世界に更なる彩りを与える。アフレコ当日は緊張の面持ちでスタジオ入りをした八木は声優初挑戦! しかし、音響監督から指示を仰ぐと、すぐさまコツを掴んだようで、いつもの八木とは思えない声量でスタジオ内は笑いに包まれた。また、声優経験の豊富な高橋は役作り完璧な演技を見せ、ひとつひとつの台詞にドラえもんへの愛と熱を感じた。

2人が演じるのは古代遺跡を守る石像。音が弱点のオクトゴンを八木が、オクトゴンより賢い怪鳥ヤミテムを高橋が演じる。


《サバンナ・高橋茂雄コメント》
小さいころからずっとドラえもんと一緒に成長してきたと思っていたので、このお話を聞いた時は夢が叶った気持ちで本当に嬉しかったです。ドラえもんたちと一緒に冒険出来るかなと思ったら…仲間ではなく、ドラえもんたちを苦しめる敵でした。ドラえもんたちを苦しめなくてはいけない役、というのが本当に心苦しくて…役作りがとても難しかったです。「もっとやれ!じゃないと映画が成り立たないぞ!」と自分を奮い立たせて頑張りました(笑)。

今作は完全オリジナルの映画なので、昔からのファンの方々も新鮮な気持ちになると思います。わくわくとドキドキが止まらないですよ!子供たちは、お父さんお母さんと一緒に行けば、きっとお父さんお母さんもわくわくするから、回転寿司おねだりできるよ!(笑)

《サバンナ・八木真澄コメント》
小さいころの初恋の相手が実はドラミちゃんなんです。(笑)なのでお話頂いたとき、嬉しい気持ちと甘酸っぱい気持ちでくすぐったくなりました。初めて声優という仕事をさせて頂いたので、始めは不安と緊張でいっぱいでした。でも台本頂いて読んでみたら謎の言葉が書かれていて…家族の前で練習したのですが、セリフがセリフなので家族はまだ僕が出演することにピンと来ていないです(笑)アフレコ初体験でしたが手ごたえはあります! きっと歴代に残る適役を演じられた自信はあります。僕の声を家族は気づいてくれます!(笑)今作も素晴らしい冒険です。これは是非劇場に観に来てほしいと思います。子供たちのいい春休みの思い出になるはずです!


『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』
3月4日(土)全国東宝系ロードショー!

原作:藤子・F・不二雄
監督・脚本・演出:高橋敦史(『青の祓魔師 ―劇場版―』)
CAST:ドラえもん:水田わさび のび太:大原めぐみ
しずか:かかずゆみ ジャイアン:木村昴 スネ夫:関智一


元の記事をT-SITEで読む

ピックアップ

記事検索


スマートフォンサイトはこちら

QRコード