コネタ by auニュース

まるで奴隷契約!? 出家騒動の清水富美加”月給5万円”は、本当に少ないの!?

若手人気女優の清水富美加(22)の"出家"宣言が大きな話題となっている。「芸能界を引退し、幸福の科学に出家する」とした清水は、新しく開設したTwitterアカウントで「力ある大人の怖い部分を見たら夢ある若者はニコニコしながら全てに頷くようになる。そんな中ですり減って行く心を守ってくれようとしたのは事務所じゃなかった」などとつぶやき、不穏な空気が漂っている。
 
清水サイドは所属事務所・レプロエンタテインメント側が"月給5万円"という契約を迫ってきたとし、丸一カ月働いても月給5万円は変わらずで、仕事が忙しくなっても事務所による送り迎えがなかったと、告白。ところで、この"月給5万円"は清水と同年代のタレントと比べて少ないのだろうか? 関係者が語る。

「特別、少ない金額とは言えないですね。"月給5万円"というと、一見すると薄給と捉える人もいるかと思いますが、女優の場合、マネージメントやプロモーションなど初期投資がある。それらを踏まえると、十分納得できる金額だと思うのですが......」
 
駆け出しの芸能人の給料が驚くほどが少ないというのは、よく聞く話。NHK朝ドラ『まれ』で共演した土屋太鳳は、『まれ』で評価を上げ、ギャラが90万円まで跳ね上がったという。NHKは新人のギャラが一律30分5万からとされており、15分の朝ドラのギャラは2万5千円程度といわれている。そうなると事務所には月60万ほどが入っている計算になるので、清水が不満を感じるのも頷けるのではないか。
 
しかし、清水の所属するレプロは、固定給。同じ事務所に所属し、バラエティなどで大活躍のモデル・ユージが「安月給は認めます」としながらも、「最後の金額を聞いたら、果たしてかわいそうだったと言えるかどうかは」と発言し、タレント内でも"月給"に対する見解に違いがあるようだ。
 
騒動を受け事務所が開いた反論会見では、「仕事量・内容に見合う適切な報酬を、売れ始めてからは仕事に見合うかなり高額な報酬を支払っていた」とあり、双方の意見が真っ向から食い違い、泥沼の形相を呈している。はたして、彼女の行く末は......。

ピックアップ

記事検索


スマートフォンサイトはこちら

QRコード