コネタ by auニュース

知らなきゃ損する! キノコは冷凍できるんですっ【保存テク&楽勝レシピ】

グルメ メシ通
f:id:Meshi2_Writer:20170105100108j:plain

こんにちは、フードライターの白央篤司(はくおうあつし)です。

いきなりですが、

キノコって、冷凍できるのご存じでしたか?

以前にツイッターにアップしたら、わりに反響があったんです。

「キノコって冷凍できるんだ」ってよく聞かれますが、安いときに買って石づき取ってほぐして、ジップロックなどに入れて冷凍しとくと超便利ですよ。私はブナシメジ、マイタケ、エノキ、エリンギなんかをミックスして1袋に入れてます。炒め物、鍋、味噌汁、インスタントラーメン、煮物なんかに大活躍。

— 白央篤司 (@hakuo416) 2016年11月21日

そう、キノコって日によって値段にバラつきがあるんですよ。

「スーパーで特売時にまとめ買い→冷凍」これが便利かつ経済的!

おすすめの冷凍法と、キノコ・卵・油揚げだけできる、安上がりで簡単なレシピを本日はご紹介します。

冷凍キノコミックスの作り方

まずは、冷凍法から。

f:id:Meshi2_Writer:20170105100346j:plain

1種類ずつ小分けに冷凍してもいいんですが、私は数種のキノコをミックスして冷凍しています。野菜炒め、インスタントラーメンの具、鍋にはとくに重宝しますよー。

【おすすめの構成】

  • ブナシメジ
  • エリンギ
  • シイタケ
  • マイタケ

この4種類を入れるのがおすすめ。ブナシメジとエリンギは食感、シイタケは味わい、マイタケなら香りと、それぞれに「得意分野」があるんですね。この構成は全方向にバランスがいいんです。

写真の右上、白いのは「ブナピー」という品種で、クセがなく使いやすいキノコ。撮影日に特売で安かったので加えました(笑)。

f:id:Meshi2_Writer:20170105101227j:plain

それぞれ石づきを取って、小分けにします。

f:id:Meshi2_IB:20170111160558j:plain

石づきを取る、の見本例。下の部分を切り落とします。もったいないので、なるべくギリギリのところを狙ってください。

f:id:Meshi2_Writer:20170105101917j:plain

シイタケはこんな感じで、下2cmぐらいのところ切ればOK。軸もおいしいので一緒に冷凍しちゃいましょう。

マイタケはそのまま、手でほぐせばOKです。

エノキは“別室扱い”で

f:id:Meshi2_Writer:20170105101959j:plain

香りよし、味よしのエノキ。冷凍にもおすすめなんですが、私はこれだけは別パックにしています。あまりにも他と細さが違うので、熱の通り方が早すぎるんですね。なので別にして、最後に加えたりしています。

エノキも下から2cmぐらいを切り離し、あとは上の写真のように小分けにしてください。

f:id:Meshi2_Writer:20170105102215j:plain

エノキの上の部分は手でパラパラほぐれるので、ファスナー付き密封袋の中で手でほぐすとやりやすいです。

f:id:Meshi2_Writer:20170105102227j:plain

この茶色いエノキも香りがいいのでおすすめですよ。

f:id:Meshi2_Writer:20170105102238j:plain

詰めるとこんな感じ。みっちり入れて、空気を逃がしつつ閉めましょう。

f:id:Meshi2_Writer:20170105102248j:plain

冷凍庫に入れて凍らせたもの。日付を書いておくといいですよ。

2週間ぐらいで使い切ると、おいしくいただけます。しかしまあ……私は平気で1カ月ぐらいは利用しています。

ちなみに、ナメコも冷凍可能。ふと「ナメコのみそ汁」って飲みたくなりませんか? ナメコ袋も冷凍しておくと便利です!

コスパ最高! 原価100円丼

さて、この冷凍キノコを使って、私がよく作っているカンタン料理をご紹介。

10分程度でできて、原価100円ぐらいのお得などんぶりレシピです

【キノコと油揚げの玉子丼】

用意するもの(2人分)

  • 冷凍キノコ ひとつかみ程度
  • 油揚げ 2枚
  • 卵 2個
  • めんつゆ(ストレートタイプ) 250ml
  • ごはん 適量

では以下、作り方を説明していきましょう。

(1)油揚げを切る

f:id:Meshi2_Writer:20170110122729j:plain

油揚げを写真のように8等分してください。

油揚げの下処理として熱湯をかける「油抜き」がありますが、最近の油揚げは不要のものが多いです。油のベトつきが気になる場合のみ、ペーパータオルなどで挟んで拭きとりましょう。

ちなみに油揚げも冷凍できます。そのままでもいいし、刻んでから冷凍すると味噌汁などにも入れられて楽ですよ。

(2)油揚げを煮る

f:id:Meshi2_Writer:20170110123219j:plain

フライパンや鍋に、切った油揚げとめんつゆを入れて一度沸かします。沸いたら、中火にして6分煮ます。

f:id:Meshi2_Writer:20170110123349j:plain

そのまま煮てもいいですが、できれば3分ほどで一度ひっくり返すと、より味が染みます。

(3)キノコを入れる

f:id:Meshi2_Writer:20170110123442j:plain

冷凍キノコをほぐしつつ入れ、さらに3~4分煮ます。

ほぐれなくても、加熱するうち次第にほぐれますのであわてずに。この間に卵をさっくり溶いておいてください。

(4)溶き卵を入れる

f:id:Meshi2_Writer:20170110123548j:plain

全体にまんべんなく溶き卵を入れて、フタをしてから火を止め、約1分ほどおきます。

さあ、ご飯もよそいましょう。

卵の固まり具合、ゆるゆるが好きな人はフタをする時間は30秒ぐらいで。しっかり固まっているほうが好みなら、火を止めず1分ぐらい煮てください。

f:id:Meshi2_Writer:20170111103821j:plain

完成です!

三つ葉や青ネギの細切り、もみノリを散らすとさらにうまいですよー。

ぜひぜひ冷凍キノコストック、やってみてください。

※この記事は2017年1月の情報です。

執筆・撮影:白央篤司

白央篤司

フードライター。雑誌『栄養と料理』などで連載中。「食と健康」、郷土料理をメインテーマに執筆をつづける。著書に「にっぽんのおにぎり」「にっぽんのおやつ」(理論社)「ジャパめし。」(集英社)がある。

  • facebook:atsushi.hakuo
  • ブログ:独酌日記

過去記事も読む

ピックアップ

記事検索


スマートフォンサイトはこちら

QRコード