コネタ by auニュース

モバイルで1Gbps時代、もう間近!? ZTEが高速回線対応スマホGigabit PhoneをMWC2017で発表

IT・ガジェット engadget



中国のスマートフォンベンダーであるZTEの日本法人であるZTEジャパンは、2017年2月27日からスペイン・バルセロナで開催される「Mobile World Congress 2017」において、『ZTE Gigabit Phone』と称するスマートフォンを発表予定と明らかにしました(写真はMWCの前哨戦的にバルセロナに掲げられた、ZTE の既存モデル『BLADE V8』の看板です)。

仕様に関する詳細は明らかにされていませんが、特徴は名称の由来でもある「下り最大1Gbps」の回線速度に対応する点。ZTE側は「下り最大1Gbpsの新スピード標準による接続性の革新を実現する」「先進的なスマートフォン」と、強くアピールしています。

同機に関しては、この下り1Gbpsに対応する点などから、モデム部はクアルコムのSnapdragon X16を、SoCにもクアルコムのSnapdragon 835(下記記事を参照ください)を搭載すると噂されています。仮にこのスペックで発表されるのであれば、ZTEが言うとおり先進的なスマートフォンと呼べそうです。

新世代最上位SoC、Snapdragon 835の詳細をクアルコムが公開。820比で消費電力25%減、性能20~25%向上

もう一つのポイントは「5Gモバイル時代に重要な役割を果たす」と、LTEより1世代進んだ無線通信仕様である「5G」の文字が登場している点。
5Gのロゴマークを使用するためには3GPP Release 15以降の仕様に準拠する必要がありますが、ZTE Gigabit Phoneに搭載される見込みのSnapdragon X16モデムでは、3GPP Release 13に準拠しています。このことからGigabit Phoneは、「世界初の5G対応スマートフォン」と言うよりは「5Gに向けたスマートフォン」となるのかもしれません。

なお、MWCのZTEブースではZTE Gigabit Phoneの他に、Android NougatやDaydream対応にアップグレードされた「AXON 7」や、手ごろな価格帯で人気を集めている「BLADE」シリーズなどの最新機種を展示する予定とのこと。

Gigabit Phoneの詳細な仕様が気になりますが、この様な、良い意味で「棘のある」製品が日本で発売されることにも期待したいです。

ピックアップ

記事検索


スマートフォンサイトはこちら

QRコード