コネタ by auニュース

スマホ代1人分が「格安スマホ」で家族全員分に!? 大きな特長&4社サービス比較

春は新生活が始まるタイミング。みなさんも春に携帯電話の新規契約や、新しいスマートフォンに買い替えた経験があるのではないでしょうか。

でも、スマホって基本的に端末本体も月々の利用料もけっこう高額。そして家族全員が1台ずつ持つとなると、かなりの金額に……。通信データ容量を制限して、子どもに持たせるとしても少し不安がありますよね。

家族が多ければ多いほど死活問題!なんとか少しでも節約したい!

そんな中、最近話題なのが「格安スマホ」。利用者が徐々に増え、認知も少しずつ広がっているとのこと。

大手キャリアと比べると、スマートフォンの月額利用料が3分の1や半分になる!なんて話も聞こえてきて、もしかしたら、現在1人分の月々のスマホ代で、家族全員分のスマホ代がまかなえてしまうかも!?

一体どんなサービスがあるの?大手キャリアとどう違うの? 気になるあれこれを調べてみました。

■格安スマホって?

検索サイトで「格安スマホ」を調べると、必ず出てくるワードが“格安SIM”(かくやすしむ)だと思います。また“MVNO”(エムブイエヌオー)という表記も当たり前のように出てくるのではないでしょうか。

MVNOは、大手キャリア(docomo、au、SoftBank)以外で携帯電話など通信サービスを提供している会社のこと。格安スマホのサービス事業者はMVNOというわけです。

そして、“格安スマホ”=“格安SIM”なのですが、“格安SIM”とは何なのかをざっくり説明します。

携帯電話やスマホを機種変更する時に、小さなICカードを入れ替えて同じ電話番号で使用していたと思いますが、あれがSIMカード。電話番号や事業者(キャリア情報)などが記録されており、SIMを認識させることで、契約している携帯電話サービスを受けることができます。

ということで、格安スマホにするには格安SIMにすることが必要不可欠。しかし、MNP(携帯電話番号ポータビリティ)というサービスを利用することによって、大手キャリアからMVNOの格安SIMに契約を変えても、今までと同じ電話番号を使うことが可能です。

ただ、@docomoや@au、@softbankといったキャリアメールは使用できなくなるので、メールアドレスを登録しているサービスがあれば、gmailなどフリーメールアドレスでの再登録や、事前連絡を入れておくと良いと思います。

■通信回線の違いは?

大手キャリアではスムーズなデータ通信、通話ができているため、MVNOへ乗り換えるとなると、その通信回線が気になりますよね。乗り換えてスマホの利用料は安くなったけれど、全然繋がらない! となったら意味がありません。

MVNOは基本的には独自の通信回線を持っておらず、大手キャリアのものを借りているので、通信にはほとんど差がないのが現状。機種や借りている通信回線の違いによって多少の差があるかもしれませんが、基本的には、これまでと同じように利用できます。

■今使っているスマホをそのまま使える!?

大手キャリアのスマホ端末は、各社それぞれの通信回線に合わせて利用できるように、SIMカードの利用制限「SIMロック」がかかっています。

しかし、docomoとauの端末なら、今使っているスマホに格安SIMを入れ替えればそのまま使える場合も!

MVNO各社のHPで対応端末が確認できるので、気になった人は調べてみましょう。iPhoneも対応しています。

対応していなくても、docomo、au、SoftBankともに、「SIMロック解除」の手続きを行えば、格安SIMを使える端末も多いです。ただし、動作確認が取れていないものもあるので自己責任で。

また、最初から「SIMロック」のかかっていない、「SIMフリー」のスマホもあります。家電量販店やネットショップなどで購入できるので、どんな機種があるのか、覗いてみてはいかがでしょうか。

■自宅で簡単乗り換え、2年縛りがない

お店で手続きできるところもありますが、SIMカードと対応スマホ端末さえあれば、自宅で簡単に格安スマホに移行できるところも魅力。ケータイショップで長々と待たなくて良いのは快適です。

格安スマホに乗り換え後の機種変更も、SIMフリーのスマホを準備すれば、すぐに自分でSIMを入れ替えて完了!

格安スマホ、SIMフリースマホは大手キャリアのように2年縛りがないので、(端末の本体価格さえ支払ってしまえば)解約手数料などなく、いつでも解約&乗り換えができるところもポイント。

とは言っても、6か月や12か月の最低利用期間が設けられている場合もあるので、気をつけましょう。

■4サービスの説明会に行ってきた

今回は、IIJmio 、OCNモバイルONE、BIGLOBE、mineoのサービス説明会に行ってきました。

スマホ本体+SIMのセットで安いものなら約1万円、人気機種でも約4万円ほど。

格安SIMのみを購入して、現在使っているスマホ端末を継続して使用するプランも選べます。

また、最近は動画コンテンツをスマホやタブレットで見る頻度も多くなっているため、ユーザーのデータ利用量が上がってきているそう。大手キャリアでも20GBの大容量プランが登場し、SoftBankは “ギガモンスター”なんてキャッチーなネーミングで印象を与えましたよね。

格安スマホにもその流れはきていて、大体各社とも10GBで月額約3000円の大容量プランを用意。※タブレット用など音声通話なしのプランであれば10GBで2500円程度。

そして、データ通信容量を繰り越せる&複数の端末(スマホとタブレット)や家族でシェアできるのも当たり前!

もちろん、自分の利用スタイルに合わせて1GBや3GBのプランを選ぶことも可能です。

■IIJmio(アイアイジェーミオ)

“IIJmio”は、docomo回線を使う「タイプD」と、KDDI回線を使うauの頭文字をとった「タイプA」を提供。大手キャリアとまったく同じ品質の音声通話が強み。

docomo端末はそのまま使える機種が多いですが、au端末は比較的新しい機種が対応しているので、iPhone含め、事前に必ずHPで対応端末を調べましょう。

基本通信料は、3GB月額1600円、10GBファミリーシェアプランが月額3260円から。

■iPhoneは正規修理に対応

故障時の対応が不安なのが格安スマホ。でも、月額500円の端末保証に入っておけば、SIMフリー端末、docomo・auのキャリア端末を無料で修理。iPhoneは正規修理で対応してくれます。

■AQUOSケータイがある

家族で契約する場合、スマホほど多機能は必要ない、携帯電話を使いたい、という人も中にはいるのでは? 直接取り扱っている対応端末に携帯電話(ガラケー)があるのは嬉しいです。

■家族で1回30分以内なら何度でも電話かけ放題

ついたくさん話してしまう人は、家族との通話が1回30分以内であれば、月額830円で何度でもかけ放題。家族以外でも1回5分以内なら誰とでもかけ放題です。

単身赴任のお父さんや遠く離れた家族、1人暮らしを始めて心細い時に心強い。

■OCNモバイルONE

無料Wi-Fiスポットが全国に8万2千箇所ある“OCNモバイルONE”。月額1600円から利用できます。

docomoのスマホ端末は“SIMロック解除なしで”そのまま使える! SoftBankでもHuaweiのスマホなら、使用できる機種も。

■通信容量を1日ごとに繰り越せる「日次コース」がある!

OCNモバイルONEならではのプランが「日次コース」。

普通は3GBや5GBなど、設定された基本通信容量を使い切ると、追加容量を購入しない限りは、翌月まで更新されません。しかし、「日次コース」は、基本通信容量が毎日更新されるのです。

そして、「日次コース」でも、使用できなかった分は翌日に繰り越される!

日次コースは、1日110MB(月3.3GB相当)と170MB(月5.1GB相当)の2種類を用意。「110MB/日コースでできること」がHPに掲載されていますが、ゲームも1時間プレイでき、さらに動画も30分試聴できたりと、外出時間もスマホで楽しむことができるようです。

家のWi-Fiや無料Wi-Fiスポットを活用すれば、問題なく快適に過ごせそう。

月ごとに基本通信容量が決まっている「月次コース」も選択可能。3GBからあり、最大30GB(6,750円・税抜)の大容量プランも登場! 家族5人でシェアしても1人6GB使える!

■1か月に1回、コースの変更ができる!

使い方に応じて、1か月に1回であれば、日次・月次含め、他のコースへ変更が可能。最初は110MBの日次コースで様子を見て、もう少し容量が欲しいな、と感じたらコース変更ができるんです!

旅行に行く月だけ容量の多いコースに変更しよう、なんて使い方もできますね。

■どのタイミングでも安心保証に加入できる

大手キャリアだと加入や更新のタイミングでしか加入できない安心保証ですが、どのタイミングでも加入が可能。

また、現在は4月30日まで割引キャンペーンを実施中。月額基本料700円引きや通信容量増量の1GB増量なども実施しています。

■BIGLOBE

Wi-Fiの設置数がMVNOでは最大級の全国8万6千箇所を誇る“BIGLOBE”。

使っているのはdocomo回線なので、docomo端末ならそのまま格安SIMに入れ替えて使うことができます。

選べるプランは1GB月額1400円からあり、3GB、6GB、12GB、20GB、30GBの6段階。

■iPhone本体を販売

BIGLOBEで取り扱う端末にはiPhoneも! 格安SIMとセット購入の端末の幅が広がりました。

iPhoneが大手キャリアで契約するより安く利用できるので、少し手が出しやすいかも。

■6GB以上のプランでBIGLOBE Wi-Fiスポット1ライセンス無料

カフェやコンビニ、商業施設など全国8万6千箇所で使えるBIGLOBE Wi-Fiスポット。月額250円が、6GB以上のプランを利用すると1ライセンス無料に。

■動画も見放題がすごい!「エンタメフリー・オプション」

大容量プランがあるにも関わらず、月額480円プラスするだけで対象の動画サービスや音楽サービスを制限なく楽しむことができる「エンタメフリー・オプション」を、昨年11月から提供開始。

対象サービスは、現段階では「YouTube」「AppleMusic」「Google PlayMusic」「AbemaTV」「Spotify」の5つ。この対象サービスが利用プランの高速データ通信にカウントされないんです! 凄すぎ!!

利用しているユーザーからは、「1か月26GB見たけれどきちんと(契約の高速データ通信プランから)カットされていた」、「エンタメフリー・オプション導入前には利用しなかったサービスを利用するようになった」など好評。

また、家族でデータシェアする場合、お父さんのSIMだけ「エンタメフリー・オプション」を付けるなど、個別にオプションを付けることも可能。

家族で一定量の通信容量をシェアしていても、個別にエンタメフリー・オプションをつければ、YouTubeやAbemaTVを気兼ねなく見ることができますね。

対象サービスは今後も追加予定だそう。また、家のネット回線とのセット割引、電力割引もあります。

■mineo(マイネオ)

年明けからTVCMのオンエアがスタートしたmineo(マイネオ)。Dプラン(docomo回線)、Aプラン(KDDI回線)を提供しています。

■auスマホもそのまま使える!

docomo端末はそのまま使える会社が多いですが、au端末はSIMロック解除をしなければ使えないことがほとんど……。しかしmineoは、そのままSIMロック解除なしで、SIMカードを入れ替えて使えるんです!

SIMロック解除は手数料がかかる場合があるので、auユーザーにとっては嬉しい。

■全国のユーザーで通信容量(パケット)を分け合える!?

基本通信容量は500MB~10GBまでのプランがあります。余った通信容量を翌月に繰り越せる、家族でシェアできるのはもちろん、なんと全国のユーザー同士で分け合える「フリータンク」サービスがあるんです。

コミュニティサイト「マイネ王」にメンバー登録すると利用できる「フリータンク」。全国のユーザーの余った通信容量が溜められ、毎月1GBまで助けてもらえるユニークなサービス。

みんなが溜めて、使わせてもらって感謝して、優しい世界!

■「マイネ王」でコミュニケーションがとれる

「フリータンク」などユニークなサービスを行っているオリジナルのコミュニティサイト「マイネ王」には、端末やサービスのレビュー、「こうして欲しい」などの要望をユーザーが投稿することができます。その数、月4万件!

ユーザー同士が情報を交換でき、困ったときに助け合える便利なサイトです。

5月9日までは、3か月間月額基本料が800円割引になる新規申し込みキャンペーンや、紹介キャンペーンを実施中です。

■通信速度のON・OFFを切り替えて節約

IIjmio、OCNモバイルONE、mineoには、専用の無料アプリから高速データ通信をOFFにできる節約機能も。

文字をやりとりするだけのメールやメッセージアプリなら、低速通信でも問題なし。OFFにすれば、高速データ通信量にはカウントされないので、無料でWEBやSNSを楽しめます。

動画視聴や写真のやり取りの時はONに切り替えるなど、効率的に通信速度を管理。

■家族で賢く使うには複数SIM契約でデータシェア

2月から超大容量プランが登場し、ますます家族でデータシェアする使い方がお得になった格安スマホ。

最大の30GBでも月額約7000円前後のプラン。この通信データ容量を家族で分け合えるとなると、大手キャリアで支払っていたスマホ代1人分で、家族全員分がまかなえてしまう可能性も十分にあります。

例えば、IIjmioのファミリーシェアプラン(10GB)を4人家族(SIM4枚)で使う場合。
月額基本料2560円に月額SIM利用料4人分(700円 4枚、4枚めから更に月400円プラス)で月5760円。

これはあくまで1例ですが、もっと大容量プランを選択したとしても、すぐに大手キャリアの解約手数料の元がとれてしまいます。

格安スマホの選択肢が広がった今、スマホ代で消費している大量の通信費を、他の生活費へまわせるチャンス!

ピックアップ

記事検索


スマートフォンサイトはこちら

QRコード