コネタ by auニュース

既婚者に学べ! 結婚で失敗しないコツとは

既婚者に学べ! 結婚で失敗しないコツとは

結婚は一生に一度のことなので、「絶対に失敗したくない!」と考える女性は多いはず。でも、結婚をしたことがない人にとっては、結婚生活は未知の世界ですよね。そこで今回は、既婚女性に結婚生活の実態を大調査! 先輩たちに結婚で失敗しないコツを教えてもらいましょう。

<目次>
■結婚して失敗したと思ったことがある?
■既婚者の結婚生活の実態とは
 ・「結婚は失敗だったかも……」と感じた瞬間
 ・結婚後に感じたギャップとは?
■結婚で失敗しないためには?
 ・後悔しないために! 結婚する前に確認すべきこと
 ・円満な結婚生活を送るためのコツとは?
■まとめ

■結婚して失敗したと思ったことがある?

甘く幸せな結婚生活を夢見て結婚したものの、現実はそれとは大きく異なり、思わず失敗したと後悔している女性もいるのではないでしょうか? まずは、そんな経験がある人がどれくらいいるのか、既婚女性を対象にアンケートで調べてみました。

Q.結婚して失敗したと思ったことがありますか?

・ある…46.7%

・ない…53.3%

※有効回答数304件

なんと、あると答えた女性が46.7%という結果に。全体の半数までとは言わないものの、意外と多くの女性が失敗したと感じているようです。

■既婚者の結婚生活の実態とは

では、既婚女性のみなさんは、どのような結婚生活を送っているのでしょうか? ここでは、結婚生活の実態に迫りました。

◇「結婚は失敗だったかも……」と感じた瞬間

結婚をしたのはいいけれど、実際に生活をしてみて「結婚は失敗だったかも……」と感じてしまったエピソードについて聞いてみました。

<けんかばかりするようになってしまった>

・「主人とけんかしたときに話し合いに応じてくれなかったことから」(女性/25歳/その他/その他)

・「イライラすることが増えて、あっちもけんかっ早くなった」(女性/30歳/医療・福祉/専門職)

・「ひどいけんかで意見の食い違いが明らかなとき」(女性/31歳/その他/事務系専門職)

<金銭感覚の違いを感じるようになった>

・「金銭面での価値観の違いを感じた」(女性/33歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「夫の金銭感覚が非常に細かくて合わないこと」(女性/33歳/その他/その他)

・「秘密が多い人だった。お金の価値観が違う」(女性/29歳/学校・教育関連/専門職)

<思いのほか家事育児に協力的ではない>

・「家事、子育てを手伝ってくれない」(女性/32歳/その他/販売職・サービス系)

・「全然子育てを手伝ってくれなくて、寝てばかりいたとき」(女性/32歳/その他/その他)

・「主人が休みの日に自分の趣味を充実させ、子育てに関心がないこと」(女性/33歳/小売店/販売職・サービス系)

<価値観が違う面が多く見えるようになった>

・「価値観が合わないし歩み寄らないこと」(女性/33歳/医療・福祉/専門職)

・「趣味から価値観まで違っていたこと」(女性/29歳/その他/その他)

・「出産、育児、教育への価値観の違いを感じた」(女性/32歳/電機/販売職・サービス系)

付き合っているときには気がつかなかったお互いの違いや考え方の違いなどが、結婚をすることによってわかってきたという女性が多いよう。また、家事育児などにあまり協力的ではない男性だと、自分ばかり負担が大きいと感じてしまうことがあるようですね。

◇結婚後に感じたギャップとは?

では、結婚前と結婚後とでは、どのような場面で想像との違いを感じるのでしょうか? 結婚後に感じたギャップについて聞いてみました。

<金銭感覚の違い>

・「金銭感覚が違う。安物を買いすぎる」(女性/32歳/その他/その他)

・「わずかだが金銭感覚が違う。衣類や物の値段に違いが大きかった」(女性/34歳/医療・福祉/専門職)

・「金銭感覚のズレや小言のように叱られること」(女性/28歳/その他/その他)

<生活リズムの違い>

・「もっとラブラブな生活かと思ったが、いつも帰りが遅く話す時間もなくイライラした」(女性/32歳/その他/その他)

・「生活スタイルが夫婦で違いすぎて、新婚時代はけんかが多かった」(女性/31歳/小売店/販売職・サービス系)

・「結婚生活よりも夫の仕事が忙しすぎて帰りも遅いからひとり暮らしをしているみたい」(女性/33歳/その他/その他)

<家事育児に対する考え方や協力度合い>

・「主婦はそんなに忙しくないと思ったら、毎日家事と仕事の両立で遊ぶ余裕がないこと」(女性/31歳/小売店/販売職・サービス系)

・「専業主婦は楽だと思っていたが、家事育児はとても大変だということ」(女性/33歳/その他/その他)

・「夫が思いのほか家事や育児をしないこと」(女性/34歳/建設・土木/事務系専門職)

<実際は夢のような甘い生活はなかった>

・「夢見ていたような甘い生活はなかった」(女性/33歳/その他/その他)

・「地味な毎日だと思った。もっと楽しいと思った」(女性/34歳/その他/その他)

・「毎日なんとなく過ぎていく。もっとラブラブしているものかと思ったけど、淡白な日々が続く」(女性/30歳/その他/その他)

結婚前は、結婚をすると毎日がバラ色で幸せな生活が送れると夢見ていた人もいるのかもしれません。しかし、実際結婚をしてみると、そうした生活とは程遠く、想像と現実とのギャップに戸惑ってしまったという人も少なくないようです。

■結婚で失敗しないためには?

結婚後に失敗をしないためには、どのようなことをしておけばよいのでしょうか? 既婚女性のみなさんに、結婚で失敗しないためのアドバイスをしてもらいました。

◇後悔しないために! 結婚する前に確認すべきこと

まずは、結婚前に確認しておくべきことについて、既婚女性たちにアドバイスをもらいました。

<家事の分担や割合について>

・「家事の分担。やれることは互いにやる」(女性/29歳/医療・福祉/専門職)

・「家事の分担をきちんとしてくれるかどうか話し合っておくべき」(女性/32歳/その他/その他)

・「家事を分担して何ができるか、得意なのか話し合うことだと思う」(女性/27歳/その他/その他)

<お金のことについて>

・「金銭感覚。お金のことは一番けんかになりやすいから」(女性/32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「借金や月収などのお金に関すること。ローンも。あとどういう趣味か」(女性/27歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「貯蓄や、お金についての価値観。結婚するとお金を使うこと(結婚式、新婚旅行、引っ越しなど)が増えるので」(女性/28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

<お互いの親戚付き合いの仕方>

・「夫の親や親戚付き合いはどんな感じか」(女性/27歳/その他/その他)

・「親子仲。結婚生活に影響あるから」(女性/33歳/その他/その他)

・「相手の親がどれだけ干渉してくるかは結婚生活に影響が出るので確認したほうがいい」(女性/32歳/その他/その他)

<生活習慣や日々の生活リズムについて>

・「生活の中で大事にしていることなど生活習慣について。毎日のことだから」(女性/34歳/その他/販売職・サービス系)

・「相手の生活習慣。知らないでいるとびっくりするから」(女性/33歳/その他/その他)

・「同棲して相手の生活リズムなどを知っておくべきだと思う。服を脱ぎ散らかすとか食器を持っていかないとか許せる範囲がわかる」(女性/29歳/その他/その他)

お金のことや親戚付き合いなどについては、結婚前になかなか話し合いがしにくいものです。しかし、だからといって確認せずにいると、想像との違いにショックを受けてしまうこともあるよう。また、家事の分担などについてはお互いに「相手がやるのが当然」と思っている場合もありますので、こちらも結婚前にしっかりと話し合っておくべきポイントのようですね。

◇円満な結婚生活を送るためのコツとは?

より仲よく結婚生活を送るためには、どのような点に気をつけるべきなのでしょうか? 夫婦円満でいられるコツについても聞いてみました。

<思ったことはため込まずに話し合う>

・「こうしてほしいと思ったことはため込まずに、その都度話し合う」(女性/29歳/その他/その他)

・「イライラをためない。ちょくちょく思ったことを話し合う」(女性/34歳/その他/その他)

・「気になることがあればとことん話し合う」(女性/31歳/その他/その他)

<相手を尊敬して感謝の気持ちを常に持つ>

・「感謝と尊敬の気持ちを忘れない」(女性/32歳/その他/その他)

・「感謝の気持ちを忘れないこと。伝えること」(女性/32歳/その他/その他)

・「些細なことでもありがとうと感謝の気持ちを言葉に出す」(女性/27歳/その他/その他)

<思いやりを持って相手に接する>

・「お互いを思いやりつつ、自分も無理をしない」(女性/27歳/金融・証券/専門職)

・「思いやりを持つ・お互いに歩み寄る・こだわりすぎない」(女性/30歳/その他/その他)

・「相手を思いやる! 思いやりの心を忘れたら終わりです。気持ちはどんどん離れていきます」(女性/30歳/自動車関連/事務系専門職)

<相手に干渉しすぎたりしないようにする>

・「干渉しすぎない。自分の価値観をあまり押しつけないようにする」(女性/31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「お互いのプライベートを尊重し、あまり干渉しないこと」(女性/33歳/その他/その他)

・「お互いに干渉しすぎないこと、いちいち細かいことを気にしないことが、円満に結婚生活を送る秘訣だと思います」(女性/33歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

夫婦が円満でいられるためには、お互いに不満をため込まないようにすることが大切なよう。あまり相手を束縛したり干渉しすぎるのも、関係が崩れるきっかけになるようなので、相手を尊重したり信頼する気持ちが大切ですね。

■まとめ

結婚前と結婚後とでは、イメージしていたものと違いがあるため、幻滅してしまう女性もいるかもしれません。しかし、結婚生活は決して夢も希望もないというわけではなく、お互いに協力し合えれば円満な生活を送ることが可能なよう。結婚前に事務的な話題を出すのは勇気がいることですが、しっかりと事前に話し合いをして、できるだけズレやギャップをなくしておけば、失敗せずに済むはずですよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年3月9日~3月10日
調査人数:304人(22歳~34歳の既婚女性)

ピックアップ

記事検索


スマートフォンサイトはこちら

QRコード