コネタ by auニュース

【男女別】目を見て話す心理とは?

【男女別】目を見て話す心理とは?

「目は口ほどに物を言う」とは言いますが、視線だけでは意外とわからないことが多いもの。特に恋愛の場面では、好きな人の視線が意味する心理がわからず、不安になってしまうこともありますよね。そこで今回は、男女の目を見て話す心理について、心理コーディネーターの織田隼人さんに教えていただきました!

<目次>
■好きな人の目を見て話せる?
■異性に目を見て話されたら、どう思う?
 ・男性編 異性に目を見て話されたらどう思う?
 ・女性編 異性に目を見て話されたらどう思う?
■専門家に聞く! 目を見て話す心理とは?
 ・男女で違いが! 目を見て話す心理とは
 ・恋愛における「視線の使い方」で注意するべきことは?
■まとめ

■好きな人の目を見て話せる?

好きな人の目を見ながら話すのは、とても緊張しますよね。緊張のあまりつい目をそらしてしまうという人もいるのではないでしょうか? 実際に好きな人の目を見て話せる人はどのくらいいるのか、男女それぞれにアンケートで尋ねてみました。

Q.好きな人の目を見て話せますか?

<男性>

・はい(74.2%)

・いいえ(25.8%)

(※1)有効回答数396件

<女性>

・はい(72.2%)

・いいえ(27.8%)

(※2)有効回答数394件

男女ともに、70%以上の方が好きな人の目を見て話せると答えました。シャイな人は意外と少ないのかもしれませんね。

■異性に目を見て話されたら、どう思う?

では、実際異性に目を見て話されたら、どのように感じるものなのでしょうか? 男女それぞれに同じようにアンケートを行ってみました。

◇男性編 異性に目を見て話されたらどう思う?

まずは男性たちに、異性に目を見て話されたらどう思うのかを聞いてみました。(※1)

<少し照れくさく感じる>

・「少し、照れるかもしれない」(男性/35歳/その他/販売職・サービス系)

・「異性に目を見て話されたら照れる」(男性/37歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ちょっと照れくさいけど、うれしい」(男性/36歳/小売店/販売職・サービス系)

<自分のことを好きなのかもしれないと勘違いしそう>

・「自分を意識しているのかなと思う」(男性/35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「『自分のことを好きなのかな?』と勘違いしてしまいそう」(男性/29歳/情報・IT/技術職)

・「自分に気があるのかなと勘違いしてしまう」(男性/33歳/医療・福祉/営業職)

<緊張してしまいそう>

・「威圧感がすごいし緊張感がある」(男性/27歳/小売店/事務系専門職)

・「緊張してしまう、落ち着かなくなってしまう」(男性/38歳/機械・精密機器/技術職)

・「なんとなく緊張する。ずっと見られると落ち着かない」(男性/30歳/機械・精密機器/技術職)

<ドキドキしてしまいそう>

・「ドキドキすると思うがとても好意的に感じる」(男性/39歳/自動車関連/その他)

・「ドキドキする。なんで目を見ているのか考えてしまう」(男性/38歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「ドキドキする。特に好きな人の場合は途中で目を伏せる」(男性/35歳/建設・土木/営業職)

多くの男性は、目を見て話されることに対して好意的に感じているようです。じっと見つめられると、ドキドキしてしまい、相手を意識してしまうとのこと。場合によっては、自分のことを好きなのではないかと勘違いしてしまうこともあるようですよ。

◇女性編 異性に目を見て話されたらどう思う?

では続いて、女性たちに、異性に目を見て話されたらどう思うかを聞いてみました。(※2)

<ちょっと怖いかもしれない>

・「あんまりにも見つめられたら怖いな、と思う」(女性/28歳/その他/その他)

・「威圧的で怖いと思う。たまに視線を外してくれるほうがいい」(女性/27歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

<あまり見られると気持ちが悪い>

・「あまり見られすぎると気持ち悪い」(女性/24歳/金融・証券/営業職)

・「いいなと思っている人なら期待してうれしいし、逆の人であれば気持ち悪い」(女性/27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「気になる人ならドキドキするし、どうでもいい人なら気持ち悪く感じる」(女性/23歳/その他/その他)

<自分のことを好きなのかもと思ってしまう>

・「もしかして自分のこと好きなのかなって思う」(男女性/33歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「私のことが好きなのかと思う一方で、ほかの女性にもこういうことをしているんだろうな、慣れているなと思う」(女性/28歳/医療・福祉/専門職)

・「自分のこと好きなのかと勘違いしてしまう」(女性/25歳/その他/販売職・サービス系)

<誠実な人だなと感じる>

・「とてもうれしいし、誠実な人だという印象が残る」(女性/31歳/小売店/営業職)

・「誠実な人、ちゃんと話を聞いてくれる人だなと思う」(女性/22歳/自動車関連/その他)

・「真剣さや誠実さを感じます」(女性/30歳/小売店/販売職・サービス系)

人と話をするときには、相手の目を見て話すようにと言われて育った人が多いはず。そうしたことから、目を見て話す男性を、誠実な人だと感じることもあるようです。また、男性と同様に自分のことを好きなのではないかと勘違いしてしまうこともあるみたい。ただし、好みではない男性やあまり親しくない相手にされると、恐怖や不快感を抱いてしまうこともあるようです。

■専門家に聞く! 目を見て話す心理とは?

異性に目を見て話されたときの印象は、男女それぞれ違うことがわかりました。では、性別によって目を見て話す心理は異なるのでしょうか? 男女の目を見て話す心理について、心理コーディネーターの織田隼人さんに教えてもらいました。

◇男女で違いが! 目を見て話す心理とは

多くの男性は、好きな女性と話すときは目をじっと見て話します。また、話を聞くときも目をじっと見ていることが多いです。そもそも、男性は女性に比べて「チラ見」が苦手なので、好きな女性がいると「つい見つめてしまう」ということが多いのです。普通男性は、何か話を聞くときには批評家になったり、分析したりすることが多いのですが、好きな女性の話であれば「肯定」したいという気持ちが強くなります。そのため、突っ込みを入れるよりも、目をじっと見てうなずくことが増える傾向があります。

逆に女性は、好きな人と話すときは目をそらしてしまいます。女性は男性よりもチラ見が得意ということもありますが、女性は好きな人であればあるほど、目を見て話せなくなってしまうのです。ただ、お互いに恋が盛りあがっていると実感したときは、女性も相手の目を見つめて話せるようになります。これまで目をそらしていた女性が目をじっと見てくれるようになったら、男性へ対する気持ちが高まっているということになるでしょう。

◇恋愛における「視線の使い方」で注意するべきことは?

男性の視線は、女性にとって恐怖となることがあります。じっと見つめ続けていると感じた場合には、途中で「笑顔」を挟みましょう。そうすれば、威圧的な雰囲気を消しつつ、相手に好意を示すことができます。

女性が注意しなければならないのは、目をそらさないようにすることです。なぜなら男性は、女性の目線に気づいて、そこから恋心が生まれることが多いからです。ですので、好きな人にはしっかりと目線を合わせ続けるようにしましょう。逆に、目を合わせ続ける女性は、男性に勘違いされやすくなります。好きでもない人によく好かれるという人は、マメに視線を外すようにすると、男性からの勘違いが減るでしょう。

■まとめ

恋愛においては、見つめるという行為が重要になってくるようです。専門家のアドバイスを参考に、好きな人ができたときには、視線の使い方にも注意してみましょう。

(監修:織田隼人、文:ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
(※1)
調査日時:2017年3月10日~3月12日
調査人数:396人(22歳~39歳の男性)

(※2)
調査日時:2017年3月8日~3月9日
調査人数:394人(22歳~34歳の女性)

ピックアップ

記事検索


スマートフォンサイトはこちら

QRコード