コネタ by auニュース

恋愛・婚活アドバイザーが回答! 結婚に迷いが出たらどうすればいい?

恋愛・婚活アドバイザーが回答! 結婚に迷いが出たらどうすればいい?

付き合いが落ち着いてくると、結婚を考えるフェーズに入るカップルは多いはず。そのときに「彼氏とこのまま結婚してしまっていいのかな?」「好きなんだけど、将来が不安……」と、結婚に迷いが出る女性もいるでしょう。そこで今回は、結婚に迷いが出たらどうすればいいのか、恋愛・婚活アドバイザーの小田都呼さんにアドバイスをいただきました。

<目次>
■彼氏との結婚に迷ってしまう理由とは
 ・彼氏とこのまま結婚していいもの?
 ・彼氏との結婚に迷ってしまう理由・4パターン
■結婚に迷ったらどうすべきだと思う?
 ・迷いながらの結婚はやめるべき?
 ・将来、後悔しそうな結婚とは
■専門家が回答! 結婚に迷いが出たときの解決策とは
 ・結婚に迷いが出てしまうのはなぜ?
 ・決断する前に、チェックしておきたいこと
■まとめ

■彼氏との結婚に迷ってしまう理由とは

先のことを考えて、あれこれ不安になってしまうのは、誰にでもあること。まして、それがこれから家庭を築いていく相手となれば、些細なことが気になってしまったり、より慎重になってしまったりするのも、ある意味仕方のないことなのかもしれません。ここでは、どのくらいの女性が結婚を迷ったことがあるのか、そして何が原因でそうなったのかについて、紹介します。

◇彼氏とこのまま結婚していいもの?

まずは、彼氏との結婚を迷ったことがある人がどのくらいいるのかを調べるべく、女性のみなさんに以下の質問をしてみました。

Q.今の彼氏とこのまま結婚していいのかどうか、迷ったことがありますか?

・ある(62.7%)

・ない(37.3%)

※有効回答数311件

なんと、62.7%もの人が、彼氏との結婚に迷ったことがあると答えています。結婚となると、毎日の生活や親戚縁者との関係など、単に彼氏のことが“好き”なだけでは、やって行けないこともありそうです。即座に解決できるものであればいいのですが、なかなかうまくいかない場合もあるのかもしれませんね。

◇彼氏との結婚に迷ってしまう理由・4パターン

では、どんなことがきっかけで、結婚に迷ってしまうのでしょうか? 結婚に迷ってしまったことがある女性に、その理由を教えてもらいました。

<経済力が不安>

・「経済力がなさすぎる。転職も何回もしているし契約社員。私はひとりっ子だから親を支えないといけないのに」(33歳/金融・証券/営業職)

・「経済面で不安だった、自分の中では自分よりは稼ぐ人が尊敬もできそうでよかった。ただ彼氏はがんばっているから尊敬はできる」(30歳/その他/事務系専門職)

・「経済的に将来家庭を築いていけるのか気になってしまう」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

<親との関係や、親のことが心配>

・「うちの両親と相性が合わないのか、両親のことを避けている感じがするのが辛い」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「自分が、介助が必要な親の世話をしていかなきゃいけなくなったので、地元を離れる訳にはいかず、遠距離の彼とは結婚できないと思っている」(27歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「親と合わないから。もう、親のほうを説得するのが面倒くさい」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)

<ほかにもっといい人がいるかも?>

・「もっとかっこよくて、もっと稼げて、もっと相性のいい人に会うかもしれないと思ったから」(34歳/その他/販売職・サービス系)

・「ほかの人とほとんど付き合ったことがないので、『もっといい人がいるのかな?』と思うときがある」(28歳/その他/クリエイティブ職)

・「一生この人と一緒でいいのか、ほかにいい人がいるのでは、という考え」(27歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

<価値観や好みが合わない>

・「最初は彼氏が重すぎて私とは価値観が違ったのでけんかの度にすごくイライラしたり、面倒くさく感じていたから」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「金銭感覚や食べ物の好みが合わないので、一緒に生活できるかと思うから」(29歳/その他/事務系専門職)

・「何を考えているのかわからない。たまに価値観がまったく逆のことがあるため、無理してまで一緒にいる必要は感じない。単身でいることに不都合もないので、付き合う程度で十分」(29歳/医薬品・化粧品/営業職)

結婚を迷う理由として、多くの方が「経済力」を真っ先にあげていました。やはり、生活をするための経済力は、結婚の前提条件のようです。価値観の違いが気になったり、「ほかにいい人がいるのでは?」と思ってしまったりするのは、結婚は失敗できないという考えがあるからかもしれませんね。

■結婚に迷ったらどうすべきだと思う?

もし、彼との結婚に迷ってしまったら、あなたならどうしますか? 結婚に踏み切るべきでしょうか? それとも、踏みとどまって考え直したほうがいいのでしょうか? そんな疑問を女性のみなさんにぶつけてみました。

◇迷いながらの結婚はやめるべき?

まずは女性たちに、迷いながらの結婚はやめるべきかどうか、ズバリ聞いてみました。

Q.「迷いながらの結婚」はやめるべきだと思いますか?

・はい (70.1%)

・いいえ (29.9%)

※有効回答数311件

結果は、約7割の人が、迷いながらの結婚はやめるべきだと考えているようです。やはり、迷いの原因が解決されなければ、幸せな結婚は望めないと思っているのかもしれません。

◇将来、後悔しそうな結婚とは

迷いがあったのに無理をして結婚して、残念な結果に……。そうなってしまったら、自分の気持ちにふたをしてしまったことを、悔やんでも悔やみきれなくなりそうですよね。どんな結婚をしてしまったら、後悔してしまうことになるのか、女性たちに考えてもらいました。

<焦りから妥協して結婚>

・「アラサーになって、結婚に焦っているときに出会った男性とすぐに結婚するパターンは、お互いのことをよく知らないまま結婚するのであとから嫌な点に気づいて後悔しそう」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「年齢があがってきた焦りからの結婚。本当の意味で相手のことを知る前に結婚しちゃうから、こんなはずじゃなかったのに、という結果になりそう」(22歳/医療・福祉/専門職)

・「結婚したいからというだけで、妥協してする結婚。よほどの決意がないと乗り越えられないと思うので」(31歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

<付き合ってから間もないできちゃった婚>

・「付き合いたてのできちゃった結婚。お互いをよく知らないままでの結婚は失敗しそう」(27歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「でき婚やスピード婚などの、相手のことをよく知らないままに結婚すること」(27歳/その他/その他)

<経済力が心配>

・「収入が安定しない、夢ばかり見ている」(24歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「収入が低い人との結婚。お金に困ると自分に余裕がなくなり、ギスギスした家庭になりそうだから」(25歳/情報・IT/事務系専門職)

・「借金がある、経済力がない、定職に就いていない」(25歳/その他/事務系専門職)

<価値観や性格が合わない部分がある>

・「絶対に許せない何かがある。価値観や性格はそんなに簡単に変わるものじゃないから」(30歳/商社・卸/事務系専門職)

・「生活スタイルや性格が合わないと、ずっと一緒にいるのは難しい」(23歳/その他/販売職・サービス系)

・「金銭感覚が合わない人との結婚」(31歳/その他/販売職・サービス系)

後悔しそうな結婚について、みなさんの意見をお聞きして来ましたが、どれもなるほどと思ってしまうパターンばかり。とにかく慌てて結婚することだけは、やめたほうがよさそうですね。

■専門家が回答! 結婚に迷いが出たときの解決策とは?

実際に彼氏との結婚を考えるようになって、迷いが出てしまったら、どうすればいいのでしょうか? 恋愛・婚活アドバイザーの小田都呼さんに、結婚に迷いが出る理由とその解決策を、教えてもらいました。

◇結婚に迷いが出てしまうのはなぜ?

大きな決断をするときは誰だって不安になるものです。本当にこの人でいいのか、本当に幸せになれるのか、迷うのはあたりまえだと思います。なぜなら、結婚は人生における最大のイベントだから。自分にとってどんなに完璧な男性でも、いざ結婚となると、言葉にできない不安が生じてしまうもの。大切なのは、そういうときに自分の気持ちをきちんと伝えられる相手なのかどうかなのです。

結婚に迷いが出たときは、あなたが不安に思っていることを、思い切って伝えてみてください。その際、合理的な悩みかどうかなどは気にしないで大丈夫。今何が不安なのか、思いのたけを伝えてみましょう。気を使って言えない相手なら、これからの結婚生活も同じことの繰り返し。そういったタイプの方と一緒になった場合は、自分が強くなるしかないかもしれません。言葉にならない迷いを伝えたときに、どうにか解消してあげようとしてくれる相手なら、これからの試練も2人で乗り越えられるはずですよ。

◇決断する前に、チェックしておきたいこと

そして、結婚を決断するかしないかの前に、絶対にチェックしておいてほしいポイントが3つあります。

(1)お金の使い方:借金癖がある、趣味に使う金額が極端に大きい

(2)お酒の飲み方:記憶をなくすまで飲む、毎日大量に飲んで暴言を吐く

(3)女性との関係:浮気性である

残念ながら、お金・お酒・女性に関するものは、改善性が低いと言えます。これまでたくさんの既婚女性の悩みをお伺いしてきましたが、上記の問題を結婚前に抱えている場合は、かなりの覚悟を決めて結婚する必要があります。そのほかには、マザコンの男性も少し注意が必要。ある程度のマザコンなら家族を大事にする男性だと思いますが、彼女の悪口を母親に言う男性は、結婚しても奥様の味方にはなってくれないことが多いでしょう。

ただし、こうした課題を持つ男性は、絶対にダメということではありません。苦労はありますが、愛情を持って根気強く接することで、問題を乗り越えたご夫婦も世の中にはたくさんいらっしゃいます。どうするかはあなた次第。一般論も大切ですが、ご夫婦でしっかり問題と向き合える相手かどうかをよく考えてみてくださいね。

■まとめ

これから人生を一緒に歩んでいく人を決める訳ですから、結婚に慎重になりすぎて、不安になったり、迷ってしまったりすることは、ごく自然なこと。けれども、そんな不安や迷いを残したまま結婚して後悔することがないように、悩みや迷いがある方は、自分の気持ちを見つめ直してみてはいかがでしょうか?

(監修:小田都呼、文:ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年3月3日~3月6日
調査人数:311人(22歳~34歳の彼氏がいる女性)

ピックアップ

記事検索


スマートフォンサイトはこちら

QRコード