コネタ by auニュース

「絶対女王」にも波乱の多い桜花賞。今年の逆転候補はアエロリットだ

スポーツ Sportiva

2017年クラシック候補たち
第7回:アエロリット

 前哨戦では"あと一歩"のレースを繰り返していた馬が、クラシック本番の舞台で戴冠する――。まだ実力が定まらず、一戦ごとに結果が変わる3歳春のクラシック戦線において、そんな逆転劇がたびたび繰り広げられてきた。

 とりわけ、牝馬三冠の初戦となるGI桜花賞(阪神・芝1600m)では、近年そのパターンが多くなっている。昨年の覇者ジュエラーも、デビュー2戦目のGIIIシンザン記念(京都・芝1600m)、続くGIIIチューリップ賞(阪神・芝1600m)と、いずれも僅差の2着に敗れたが、本番の桜花賞で見事に優勝した。

 一昨年の桜花賞馬レッツゴードンキもそうだろう。2歳の8月にデビュー勝ちしてから4戦連続で重賞に挑むも、すべて2、3着に惜敗。「大一番では足りない存在」という評価が囁かれ始めていたが、最大目標のGIの舞台で会心の勝利を飾った。

 加えて、2頭とも断然の1番人気(2016年メジャーエンブレム、2015年ルージュバック)を向こうに回しての勝利である。今年の桜花賞も、ソウルスターリング断然のムードだが、逆転を狙う馬が台頭してもおかしくない。

 その候補の1頭として挙げられるのが、アエロリット(牝3歳/父クロフネ)だ。

クラシック第1弾の桜花賞制覇を狙うアエロリット

 昨年6月のデビュー戦を快勝した同馬だが、以降3戦はわずかに及ばずの2着に終わっている。それでも、常に安定したレースぶりを披露し、GIIIフェアリーS(1月8日/中山・芝1600m)、GIIIクイーンC(2月11日/東京・芝1600m)といった重賞でも、難敵相手に際どい勝負を演じてきた。

 どのレースも好位から伸びる盤石のレース運びで、勝ち馬との着差は最大コンマ1秒しか離されていない。勝利からは遠ざかっているものの、本番で通用する可能性は十分にあるだろう。

 実際、同馬に携わるスタッフによると、デビュー前からこの馬の素質に大きな期待を寄せていたようだ。関東競馬専門誌のトラックマンが語る。

「牝馬ながら馬格もあって、スタッフは『牝馬らしからぬパワーの持ち主』と高く評価。当初からかなりの手応えを感じていたようです。自慢の馬体はデビュー時からさらにたくましさを増して、この中間も極めて順調です。いい形で桜花賞へ迎えるのではないでしょうか」

 3戦連続の2着ではあるものの、その敗戦の中には、この馬のポテンシャルを存分に発揮したレースがあるという。3戦目のフェアリーSである。先述のトラックマンが解説する。

「フェアリーSは超ハイペースで、先行馬にはかなり厳しい展開でした。にもかかわらず、かかり気味に2番手で運んだアエロリットは2着に粘ったんです。その底力には目を見張るものがあり、相当な"器"であることを証明したレースでしたね。

 確かにレースでかかってしまうという課題はあるものの、逆に言えば、それだけ伸びしろがあるということ。主戦の横山典弘騎手が丁寧に競馬を教えていますし、課題を克服できれば、本番での"大変身"があっても不思議ではありません」

 ベテランの横山騎手が、デビューから育て上げてきた素質馬。経験豊富な名手は、大一番での秘策も練っているはずだ。

 ソウルスターリングという"怪物"退治へ、アエロリットがいよいよ西へ向かう。

ピックアップ

記事検索


スマートフォンサイトはこちら

QRコード