コネタ by auニュース

日本代表「選外」の乾貴士が、エイバルの人々に贈るサッカーの喜び

スポーツ Sportiva

 リーガエスパニョーラ第28節。ヨーロッパリーグ出場権を争う直接のライバルであるエイバル対エスパニョールの一戦は1対1の引き分けに終わった。この試合に先発、後半36分までプレーした乾貴士は、ミックスゾーンに現れると、少し曇った表情を見せた。

エスパニョーラ戦に先発、後半36分までプレーした乾貴士「自分が決めていれば2対1で勝てていた。決めないとチームに迷惑をかけてしまうし、かけてしまった」

 エイバルの背番号8番が悔しがったのは58分のシーンだ。ペドロ・レオンの中央突破から、エリア内にこぼれたボールを押し込む決定的な場面で、左足インサイドで流した乾のシュートはゴールの右へと外れていった。

「毎試合、チャンスは本当に作っている。だが今シーズン、なかなかゴールが生まれないね」

 ミックスゾーンでは年配のスペイン人記者が、優しい表情を浮かべながらも乾が誰よりも答えを欲している直球の質問を投げつけていた。批判やネガティブな烙印を押すようなニュアンスではなく、まるで自分の息子に接しているかのようなファミリー感がそこにはあった。

「得点がないことは心配していない。彼はこのエンブレムのために走り、汗を流している。得点を決めるのは乾の一番の仕事じゃない。チャンスを作ることだし、しかもすごいテクニックを見せてくれている。それで満足だよ。もちろん、得点をしてくれたらもっといいけどね」

 スタジアムからバス停へ向かう帰り道の途中で声をかけてきたサポーターも、日本人MFの献身的な働きとスペクタクルなプレーを高く評価していた。

 エイバルの記者もファンも本当に温かい。もちろん、それはチームがプリメーラ残留というシーズンの目標をほぼ達成しているところに由来する。もし、乾が残留を争っている近隣の街パンプローナのクラブでプレーをしていたら、今の蜜月関係は間違いなく作れてはいないはずだ。

 プロ選手として一番わかりやすい評価は数字に残る結果を出すこと。それは火を見るより明らかだが、乾とエイバルの関係を見ていると、サッカーというスポーツにおいては、個人の成績よりもチームとしてしっかりと機能し結果を残すことが大事であることを、あらためて感じさせてくれる。

 得点だけを見れば、決して高いレベルの争いではないが、ルベン・ペーニャ(22試合924分出場、1得点)、べべ(16試合452分出場、2得点)と、左サイドのポジションを争うライバルたちは乾の数字(19試合1388分出場、0得点)を上回っている。

 数字至上主義でいけば、ホセ・ルイス・メンディリバル監督がルベン・ペーニャやべべをもっと積極的に起用してもおかしくはない。それでも乾を起用しているのは、チャンスメイクやドリブル突破、スペースを消すサボらない守備、監督の指示をしっかりと守る忠実性といった、現場でしかわからない、数字で表せないパフォーマンスを高く評価しているからだ。

 先日、W杯予選UAE戦の日本代表メンバーが発表された。リストの中に乾の名前はなかった。選手の好き嫌い、今まで一度も呼んでいない、大事な試合で新選手を試す冒険はできない、左サイドは激戦区、得点を決めていない……理由はいろいろあるだろう。

 だが、乾はハリルホジッチ日本代表監督が招集の条件にあげている「所属クラブでプレー」を、リーガエスパニョーラという世界トップクラスのリーグでクリアしている選手である。個で勝負もでき、守備でもしっかりとプレスをかけることのできる、好きなタイプの選手のはずだ。

 代表監督の海外組の視察はニュースになる。実際、2月にはハリルホジッチが乾を視察するという話も出ていた。しかし筆者がハリルホジッチ監督を見たのは昨シーズンのカンプ・ノウでのクラシコだけ。翌日、エイバルで試合があったが、そこに日本代表監督の姿はなかった。

 ハリルホジッチは関係者に、「乾のことはわかっている」と話しているというが、サッカーにはテレビ画面ではわからない、現場でしか見えないものも多い。その部分をしっかりと見ているのがエイバルの人々である。彼らは日本人MFに高い評価を与え、その対価として乾貴士というサッカー選手が生み出す喜びを享受している。

 得点という一番のプレゼントは今シーズン、まだ贈れてはいない。それでもエイバルのファンは乾のプレーに幸せを感じている。




ピックアップ

記事検索


スマートフォンサイトはこちら

QRコード